親のメンツを保つために働いてきたという一文を読んで怒りがわきました

公開日: 

『親のメンツを保つために働いてきたという一文を読んで怒りがわきました』

という内容のものが、お問い合わせフォームより送られてきました。

 

↑こちらを読まれたのですね。

 

そうかぁ。
怒りが湧いたんだね。

この文面から何を感じたのだろう?
どんな風に読み取ったのだろう?

女性かな?
男性かな?

親をしている人かな?
親を大切に思っている、子供さんなのかな?

 

『親のメンツを保つために働いてきたという一文を読んで怒りがわきました』

 

すっごく腹が立ったんだね。
だからいてもたってもいられず、送ってくれたんだろうね。

 

その怒りの奥には何があるのだろう?
何にそんなに怒っているのだろう?

ね。何だろう?

 

他に情報がないので、返答のしようもないのだけど、
私もここ最近、怒りが湧いたり、心がドヨドヨしてたので、
ちょっとそのお話を伝えてみましょう(^^)

 

まったくあなたにヒットしないかもしれないけれど(^^)

 

怒りの奥には、寂しさや悲しみがある

ここ数日、私の心は乱れておりました。
そこには、怒り・不満・消化不良があって心はざわざわ(^^;)

受け取るのがしんどいったらありゃしない。
そんな状態でいました。

 

しかし、受け取ってみようと思いながら、それと向き合っていました。

 

  • 何がこんなに腹が立つのだろう?
  • 何をこんなにざわざわしてるのだろう?
  • 私の心は何を叫んでいるのだろう?

 

目の前で起こっていること向き合いながら、
心のうちでは自分と向き合っていました。

 

  • 逃げ出したくなっている自分
  • 全てにバツを付け始めている自分
  • めんどくさくなっている自分
  • 言い訳したい自分

 

そんな自分をずーっと感じながらも、それと向き合ってました。
そしてね、これ「過去」に繋がりました。

 

  • 諦めてきた自分
  • 事を荒げなくなかった自分
  • 聞きたくなかった自分
  • 苦しかった自分
  • その場にいたくなかった自分

 

そんな自分がわんさか出てきましたよ(^^)

そして、その自分を少し抱きしめて、今に至ります。

 

もっとちゃんとその自分を見てあげたほうが良かったのだけど、
気づいたのが、バタバタしているときだったので、癒しきれずに終わっています(・・;)

 

人の言葉を借りて、自分に気づこうとする

この一連の流れは、相手の「言葉」から始まりました。
この「言葉」に反応して、私の心がざわついたのですね。

相手の言ってない言葉までもが、私の中で聞こえるんですよ(--;)
ザワザワしてる時は、自分攻めが始まっているときでもあるようです(^^;)

また「正しい」「正しくない」で、心の中で葛藤が起きている時でもあります。

 

冒頭で挙げたブログは、あくまでも私の体験談で、私の感想。
私が受け取った中で、その場面において出てきた言葉。
全てじゃない。

私は親が大好きで、親を愛してて、その親からたくさんの愛情をもらっていて、
今もたくさんの愛情をもらっている。
そして、親がとっても大切でもあるのですよ。

 

あの文章を読んで、

  • 何を感じたのでしょう?
  • 何が悲しかったのでしょう?
  • どんな言葉が聞こえたのでしょう?

なんだったんだろうなぁ~~

 

だけど、怒りの感情は大切な感情。
しっかり見極められたらスッキリするだろうなぁ~~って思っています。


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑