人生の分岐点|のんちゃん感謝する

公開日: 

↑こちらの記事の続きです。

 

この勤めていた会社には、約6か月ほどおりました。
このような事態になり、
始めは「仕方がないなぁ~~」って気持ちで、結構平穏でいたのだけど、
ちょっとした相手側の対応で、腹がたったり、悲しくなったりと
一連の感情の変化はありました。。(^^;)

 

だけど、今思うとやはり感謝だな~~って思うんですよね。

 

実績のある社長の元のお仕事だったので、
これまで不安だった部分が、「あぁ!これで良かったんだ!」
って気づきがあったり、

思わぬところで、「え?これって才能なの?」って気づかされたり、

 

スタッフとのかかわりの中で、
「おぉ。私ってそうだったの?」と、新たな発見をいただいたり(^^)

人見知りなりに、相手の心に近づくことにチャレンジさせてもらったり、

 

アウトソーシングの方とのやり取りの中で、
私が一緒に仕事をしたい人と、したくない人が明確になったり(^^)

 

お客様とのかかわりの中
更に具体的に、お客様の欲しているサービスが見えてきたり
人見知りながらも、積極的にかかわる気持ちを養うことができたり、
お客様のサービスを聞くことで、人の魅力にたくさん触れたり(^^)

 

結果的には、「私が私に気づく」良い機会を、
たくさんいただけたように思います。

 

ピンチがあるからこそ見える、
それまでの経験の中で得たものに
こうやって目を向けると、ちゃんと自分の中に、
蓄えられた「宝物」が、きちんと見つかりますね(#^.^#)

 

ピンチをピンチのままにしない、
嫌な気分を嫌なままにしない。

 

嫌だ、困ったにはたくさんの「宝物」があるのだから♪
川西未来子さんからの学びです


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑