裏切られた・騙された・嘘をつかれたと嘆くあなたに

公開日: 

信じる・信用する・信頼する

という言葉があり、
それによって

裏切られた・騙された・嘘をつかれた

なんて言葉が出てきたりするよね。

DSC02614

で、
信じていたのに…

と悲壮感に沈んだり。

悲しいものね。
辛いものね。
嘆きたくもなるよね。

ただね、
信じる・信用する・信頼する

ってこっちが勝手に思ったことであって、
そしてこう思っているとき、勝手に相手に期待してるんだよね。

こうしてくれるであろう
こんな風にはしないであろう

って。
勝手にね。

相手からしたら「知らんがな」って感じかもしれないし、
相手にも相手の事情や都合ってやつがあるわけで、
裏切ろう・騙そう・嘘をついてやる
って考えて行動したわけではないことも多々あるのよね。

でね、その
信じる・信用する・信頼する
って決めて見てる時って、結構都合の良い部分しか見てないことが多いのよ。
相手の一部を見て、勝手にそう決めてるんだよ。

自分のことだって全てわかってないのに、
他人のことの一部を見て、期待して、勝手に判断して、
信じる・信用する・信頼するなんって言ってるのよ。

で、結果的に「裏切られた・騙された・嘘をつかれた」ってなってしまった。
だけのこと。

で、これは…タマタマね。
タマタマそうなっただけ。
タマタマそうなることが続いただけのこと。

で自分自身も
タマタマそうやって人を傷つけていたり、
タマタマ裏切ることになってしまったり。
ってこともあるのよね。

こんな風に伝えると
「甘いよ!」って言うことばも来たりするのだけど、
「甘い」んじゃなくて、そーいうもんなんだよ。

信じる・信用する・信頼する
って言葉で、他人を、そして自分を
がんじがらめにしては、苦しいだけではないかしら?

「信じる・信用する・信頼する」とする時、
相手の1つの行動、1つの言葉で
「裏切られた・騙された・嘘をつかれた」なんて考える。

そこで「結果」をジャッジしてしまう。

そこなん?
そこで終わり?
そこで結果とみみなす?

そこでも良いし、そこで終わりにしてもいーし、
そこを結果としてみなしてもイーけど、

それは「過程」に過ぎないのかもしれないよ。

よく宇宙の法則とか聞くけど
「宇宙を信頼して」「大いなる存在を信頼して」って言うじゃない。
それは何を見て、どうとらえてそういうのでしょう?

自然災害だって起こるし、大切な人の不幸だって
自分自身にふりかかる災難だってあるんだよ。

それでも
「宇宙を信頼して」「大いなる存在を信頼して」って言うじゃない。

それは何か?

そんなことを少し考えてみると、
自分なりの行き先が見つかるかもしれないね。

で最終的に
「信じる・信用する・信頼する」とするなら、
その真反対も「ある」ってことも覚悟する。
それを「覚悟」できる人なのか、ことなのか、状況なのか。
すべてひっくるめて初めて
「信じる・信用する・信頼する」と心に決めてもイーのかもしれない。

傷つく覚悟なしで
「信じる・信用する・信頼する」ってするから
しんどいだけかもしれないよ。

んで、
「信じる・信用する・信頼する」ができなくなることもあるでしょう。
それはそれでイーじゃない。

その自分をまたジャッジする必要もない。

って長く書いたけど、要点が伝わるかしら(–;)
ま、いっかぁ~~~♪♪♪

読んでくれてありがとう!
今日も素敵な1日を(*´▽`*)


メンタルヘルス ブログランキングへ

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑