実は…あなたがうまく行かないのには理由がある

公開日: 

カウンセリングの基本は「傾聴」だ。

仕事を楽しいものにするために必要なのも「傾聴」だ。

親子関係を良好にするのに必要なのも「傾聴」だ。

恋人関係を良好にするのに必要なのも「傾聴」だ。

そして、自分自身とのコミュニケーションを円滑にし、
自分づきあいが良くなるのも「傾聴」だ。

けど、この「傾聴」ってのは奥が深い。

幼稚園、小学校、中学校、高校、大学で、
「傾聴」を私は教わったことがない。

学科によっては教わっているかもしれないけど、
使いこなせている人がどのくらいいるのだろう?
ましてや習ってないものからしたら、
たぶん分けわからないのではなかろうか?

じゃぁ、なぜこの「傾聴」を習ってもうまく行かないのか?
それにはいろいろな理由が考えられるけれども、
1つには、問題の見極めができていないからだろう。

相手の問題であるのに、自分の問題のようにとらえてしまうと
黙って話を聞いてられなくなる。

ぎゃぎゃぎゃ!って言いたくなる。

だって、怖いから(^^;)

傾聴は大事だけど、その前に問題の見極めを知ろう!
習おう!訓練しよう!

それをものにするには川西未来子さんを訪ねるか
しなやか自分軸で関係を築ける人になる!
下記で紹介する、親業をとりあえず読んでみてほしい。

そもそも、自分自身が問題を抱えている時
人の話を聞くのは難しいのだ。

人の話を聞くのが難しいと感じた時は、
自分と是非対話してほしい。

自分の意識、無意識の声に
傾聴するのだ。

絶対的な自分の味方になって(^^)

その時役立つのが、さとうみつろうさんの書籍に書いてある
「イーンダヨ」だ。

全ての自分の中からあふれてくる声に「イーンダヨ」と受け止めてみる。
するとどんどん自分の心が解けていくから。

私自身これをずっとしているよ(*´▽`*)
もう、癖になるくらいにね。

そのくらいにした方が効果が出てくる。

なんでもそうだけど、癖になるくらい繰り返してやってみるってことは
とってもとっても大切だよ。

うまく行かないのは、うまく行かないと感じた時点で
続けるのを忘れたり、続けるのが馬鹿らしくなっているのかもしれない。
もしあなたがそうなら、それがうまく行かない理由の1つでもあるよ。

忘れてた、出来てない、馬鹿らしい、わかってないと感じてもイーじゃない。

それでもバカみたいに続けてみる。

そうしたら…(^_-)-☆


メンタルヘルス ブログランキングへ

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑