死ぬことは決まってる。どう生きるか?

公開日: 

おはようございます。
心理カウンセラー のん風日(のんふうか)です。

私たちが生まれるときに決めてきたことの1つ。
「絶対に死ぬ」

世界人類が共通して経験する「死ぬ」ということ。
いつか「死ぬ」

もうそれは決定事項。

私自身46歳。
生きていられるのは
あと20年?30年?40年?
もしかしたら、あと数時間かもしれない。

ほうっておいたってこの世からいなくなる。
ならば生きたいように生きればいい。
クヨクヨしたって何も始まらない。

やりたいことやって、笑って、はっちゃけて
どうにもならないことをどうにかしようとせずに、
ほうっておけばいい。

自分に与えられた時間なんてあっと言う間に
天国への扉の前に立つ。

この世でしかできないこと、この世でしか体験できないこと、
それらをしっかり味わおう。

楽しいこと、嬉しいこと、幸せと感じること、
そういったことばかりじゃないだろう。

悲しいこと、つらいこと、苦しいこともあるだろう。

それら両方は、たぶんこの世でしか感じられないこと。
だから両方の感情を楽しめばいい。

自分の人生に与えられた時間は
自分だけのもの。
自分しか経験できない時間。
自分しか経験できない人生。

人生に正解も不正解もない。

自分が勝手にジャッジしたり、他人が勝手にジャッジしてるに過ぎない。

正解も不正解もない。

自分の人生なんだ。
と意識したとき、何を選択したいか?
じっくり見つめてみよう。
自分の人生を。

この世は「遊園地」のようなもの(*´▽`*)

ゆうえんち


家族・友達・サポート ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑