自分を1番に大切にするから、心を患う家族の支えになれる

公開日:  最終更新日:2014/11/09

DSC02358

今日も笑ってますか(*´▽`*)?

『心を患っている』というのは、『心が風邪を引いた』ということ。

大きな問題じゃない(^◇^)
大丈夫だから♪♪♪

あ。大丈夫だからっていうのは、
自分の思い通りの結果が訪れるよ!
っていう意味ではないのだけど(^^;)

自分の思い通りの結果になるかもしれないし、
ならないかもしれない。
どちらにしても大丈夫だよってこと(^-^)

いろんなブログやいろんなカウンセラーやセラピストさんに出会ったりして
私は私でいろいろ学んでいるのだけど、最近思うのよね~~。

『今』だけなんだって。

『未来』を不安に思ったり、
『過去』を後悔したり、
そういうことを繰り返してしまうかもしれないけれど、
まだこない『未来』も、もう過ぎた『過去』も、実は関係ない。

ただただ『今』がいつも目の前にあるだけ。

『今』を大切にしていこう。

自分を1番にして!!!!

自分を慈しみ、自分を愛し、自分をねぎらい、自分に寄り添う。
そして『今』をリラックスする。

自分を大切にしまくろう!
それで良いから(*´▽`*)

心を患った家族を思えばこそ、自分を犠牲にし、
相手の思いを理解しようと必死になってサポートする。

気付けば心は疲弊して、悲鳴をあげてる!!!
心を患った家族を助けたい、癒したい、理解したい、なんとかしたい。
その気持ちはものすごくわかる。

大切な人が目の前苦しんでいるとしたら、
それを見ているのはつらいものね。
そして知らぬ間に「自分の問題」になってしまってる。

自分が問題を抱えた状態では、
家族であれ自分の外部の人をサポートするには厳しすぎる。

だからね、一歩下がって冷静に見てみよう。

誰の問題なのか。
自分はどうありたいか。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑