仕事と評価に落ち込むとき

公開日:  最終更新日:2014/11/09

あなたが仕事でイライラするとき、

何を見ているのでしょう?
会社勤めの人は、
Aの仕事、bの仕事、Cの仕事と与えられることが多いでしょう。
そしてそこには、「いついつまでに仕上げてね。」という
納期もあることでしょう。
私は以前会社員でしたし、
現在もバイトでカウンセラーの傍ら働いているので、
仕事ってそんな一面があるなって思ってます。
納期とか、大嫌いだったりもします(^^;)
で、そこで
認められた!褒められた!
と感じることもあれば
文句を言われた!言っていることがおかしい!
と感じることもあるのではないかしら?
そんな時、
相手に結果や評価を求めているからしんどくなるんだ。
自分で自分を評価してやるんだ!

とか言われるのだけど、なかなかそれもうまくできなかったり(^^;)
トホホですよね~~~~。

 

これってどうしてそうなるんでしょう?

 

Aという仕事に、Aの仕事での結果、
Bという仕事に、Bの仕事での結果、
Cという仕事に、Cの仕事での結果、

と、そこしか見えてないから、
自分で自分を評価することも難しくなっているからなのよね~~。
じゃぁ、どうするのか?
それはね、
Aという仕事、Bという仕事、Cという仕事が目の前にあるとき、
自分は何のためにこの仕事をするのか?(目的)を考え、
それらの仕事が終わった先にある、自分のゴールを設定しておくこと。

自分の目的を決め、ゴールを自分が目指す。
上司、お客さんの評価はそこには関係ない。
自分のための目的、自分は何をゴールとするのか。
仕事が終わったとき、どうなっていたいのか?

主語は「私」で目的もゴールも設定すること。

 

上司の○○さんに褒められる。
お客さんが、すごい!と言って気に入ってくれる。

ではなくて、
私が、私は、で始まる目的とゴールを設定すること。

022089
私は、この仕事を通して、バランス感覚を磨く。(目的)
そのために○○を取り入れてみよう。

私は、この仕事を終えた時、達成感を感じ笑顔になっている。
私にとっての達成感とは、私が笑顔になっていること。
私が、○○を取り入れたことによって複数の学びを得ていることを
実感している。
この実感は、それを得れたことが嬉しくて、人に教えていることだ。
その場面がイメージで浮かんでくるくらいに、
ゴールを具体的に考えてみよう。

すると、相手の評価を求めて働いていた時とは違うものを得ることができるようになるよ。

 

 


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑