子供の最善を信じる

公開日:  最終更新日:2014/11/09

子供はね。

『自分の問題は、自分で乗り越えることができるんだよ。』
母親はね。

お腹に宿って産んで育ててきたから、
子供のことは何でもわかってるような気になってしまって、

こんな風にしたら不幸になる。
とか、
こうしなきゃ、あなたがしんどい思いをするんだよ。

と手出し口出ししたくなる。
それと同時に、
ものすごく幸せになって欲しいという思いもあったり、
親自身が苦しむ(と思ってるだけだけど)のが嫌で避けたかったりして、
そんな言葉が出てきちゃう。
あなたはそんなことないですか?
私はそんなことあったんだよね~~。
今でもあるよ~~(^^;)
けどね、

『自分の問題は、自分で乗り越えることができるんだよ。』
そして、いつもその子にとっての最善を選択してるんだよ。
苦しくなりそうに見えても…
しんどくなりそうに見えても…

今このとき、それがその子にとっての最善なんだよ。
そうやって自分をその子は救っていたりするんだよ。
親の言う、
親が当たり前にできることでは
その子は苦しくなるだけなんだよ…。
目の前の子が例え苦しそうに見えても、
その行動でその子が救われているのだとしたら
あなたはどんな行動の選択をしますか?

 


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑