不安癖

公開日:  最終更新日:2014/11/09

あぁ、あんなことになったらどうしよう… あぁ、こんな風になったらどうしよう…

そうやって不安になって、 体の具合まで悪くして…。

そんな風になっていませんか?

1日の内、どのくらいの時間、 不安に包まれていますか?

不安になっているときは、 大抵悪い未来を妄想してるもの。

ホピ族(プエブロインディアン)の長老デーヴィッドは

『不安を抱くのは、最悪の恐怖が実現するのを祈っているようなものだ』

と言っています。 そんなこと祈りたくないのにね。

そんな未来が訪れて欲しくないだけなのにね。
そんな未来は怖くて仕方がないだけなのにね。

作家のコリー・テン・ブームもまた

『不安を抱いても未来から悲しみを取り去ることはできないが
現在から力を奪ってしまうことはできる』

と言っています。

 

 

そこで少し考えてみましょう。

不安が生み出すものは何だと思う?
不安は何を生み出すと思う?

あなたなりに考えてみてね。
何を生み出しそうな気がしますか?

不安は安心を生み出すでしょうか?
不安は明るい未来を生み出すでしょうか?
不安は笑顔を生み出すでしょうか?

どうかしら?

私はそれらを「不安」は生み出さないと思います。

もし、安心が欲しいなら、
もし、明るい未来が欲しいなら、
もし、笑顔が欲しいなら…

まず先に
今安心してしまいましょう
今を明るくしましょう
今を笑顔にしましょう

欲しいものを先取りしちゃうの(*´▽`*)

そのために何をしたら良いのか?

欲しい未来を妄想してみる。
得たい未来を妄想してみる。

ということ。

不安が悪いのではない。
不安は自分を守るために湧き出るもの。
だから、不安を感じたら
あぁ、私不安なんだね。
あぁ、私怖いんだね。

とその感情は受け止めてあげよう。
その感情はただあなたを守りたいと思っているだけだから。

そして欲しい未来があるのなら、
不安を受け入れてから、
その欲しい未来を具体的に描いてみましょう。
欲しい未来を好き勝手に、妄想しましょう。

そして
先に安心して
先に明るくなって
先に笑顔になりましょう。

不安癖は明るい未来を引き寄せるため
GOスイッチだって思ってしまいましょう(*´▽`*)

 


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑