たくさんの提案を出すというということ|心の偏りに気づく

公開日: 

おはようございます。
のんです(^^)/

以前書いたこの記事

 

の詳細を深めていきますね。

 

2番目の「提案はたくさん」とはなに?
って部分です。

ここのところに関しても、あかねちゃんが解説記事を書いてくれいてるので、
そちらを見ていただいた方がよくわかるとは思います(^^)

 

『具体的な行動の選び方』
長女も次女も私の姿を見て自分で行動を選び始めてます例えば長女髪の毛切って欲しい&我が家では私の仕事だけど都合が悪い時もあるそれでも今まで私が自分の気持ちを殺し&

未来さんも提案が1つのときは、提案しない。
と言ってたよね。

 

私はどちらかというと、提案は1つのタイプ。
そもそも1か0か思考、黒か白か思考、正解か不正解か思考なので、
そんなに提案がそもそも浮かばない><;

 

浮かばないからといって、放っておいては
何も変わらないだろうから、これも訓練ね。

 

まずは自分のためにする。
何かに迷ったとき、思考がグルグルするとき、
その自分の課題に対しての提案を、たくさん出してみる。

 

そうすることで、いろんな選択肢を見る癖がついてくる。
すると他人(ひと)に対しても、
いくつもの提案ができるようになる(^^)/

 

しかし!!

 

自分の中の「思いこみ」や「前提」や「価値観」が、
浮かんだ提案に対して、拒絶反応を起こすことがある。

 

そんな時は、ちゃんとその「イヤ」に向き合う。

 

そして、その「イヤ」の中にある「価値観」「思いこみ」「宝」に
向き合ってから提案したほうが良い。

自分にも他人(ひと)にもね(^^)/

 

1つひとつがまどろっこしいよね~~~(^^;)
けど、時間をかけてまどろっこしくしてきたのも、自分なんだよね~~(^^;)
だから、1つひとつひも解いていこう♪

 

だけどね、こうすることで

 

  • 思考の偏りに気づく
  • 選択肢が多いことに気づく
  • 迷っていることが「幸せ」だってことに気づく
  • 時にどーでもよくなる
  • 問題の所有者を見極められる
  • 選べるので自分で行動を決められる
  • 自分で選んだ行動だから、自信がつく
  • 自分で選んだ行動だから、責任を持てる
  • 心の絡まりに気づく

 

といった副産物が得られるよ♪

 

 

ということは、
こうやって「提案」をいくつも考えるということは、

心の絡まりの気づきや、偏りの気づきになり、
そして、行動を自ら選択することで自身も責任感も養えて、
人任せではない、自分の人生を自分の足で、
意識して生きることができるんだよね!!

 

提案をいくつも出すということは、絡まった糸をほどくことにもつながる。
ってこと。

 

絡まった糸をほどくのは、最初はまどろっこしくて
イヤになって、面倒くさくなって、放り出したくもなるけれど、
徐々に糸がほどけて、ゆくるなってくると、
だんだん絡みもほどけやすくなる(#^^#)

そうすると、今度はほどくのが楽しくなってくる♪

 

最初は面倒だけど、自分を丁寧に扱うために、
自分を大切にするために、ゆっくり自分のペースで
ひも解いていきましょう(^^)

 

私もまだまだひも解いている最中です(#^^#)
一緒にひも解いていきましょう~~♪

 

 

 

 


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑