過去から自由になるために

公開日: 

カウンセリングを行うとき、
過去に戻ってみたり、子供のときの出来事に
フォーカスすることはしばしばあります。

それにより、心親だやかに解放される方も多くおられます。
私も解放された一人でもあります(^◇^)

そして…
それにより執着してしまった1人でもあります(・・;)

人が過去を探るのは、
それを誰かのせいにするためではなく、
真実を発見し、認めるためです。

この「誰か」には、当然過去の自分自身も含まれますよ。

この時、その「誰かの罪」にフォーカスし、
罪を謝罪させる、罪を謝罪する気持ちのままでいると、
心の解放が困難になる場合もあります。

『認めるため』に過去を見てみていることを
しっかり心にとどめておきたいものです。

カウンセリングを受けることによって、
過去に縛られる方もおられます。

自己カウンセリング、セルフカウンセリングで
この部分に意識がいっていないと、
ただ苦しくなってしまったということにもなりかねません。

心の問題を解決する時、過去を振り返るのは
『認めるために』です。

そしてしっかり『今』にフォーカスしようね!!
(^◇^)♪

今日のお話はこの本から感じた事でした~~~♪


メンタルヘルス ブログランキングへ

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑